トップページ 賑わうお店の作り方

のぼり旗を活かす                                                                                        
これから商売を始めようと思う人、もしくはすでに商売を始めているけども
もっとお客さんを集めたいと思うのであれば、販促グッズを作成する必要があります。

販促品の中で最も効果があるのが、のぼり旗通販です。
特に飲食店にのぼり旗は欠かすことができないアイテムの一つです。
遠くからでも人目につく魅力的なものを作成したいのであれば、
通販での印刷が種類豊富ですのでおすすめです。食べ物

自分のお店で一押しの商品アピールする必要性があり
のぼり旗に印刷することが出来ます。

日本で使用されてきた旗の歴史

旗と言えば布製のものを思い浮かべるのが一般的ですが、古代ペルシャの5000年前の旗は
金属製だったことが考古学者の研究から明らかになっています。

実は古代、旗の素材は布だけでなく、皮や金属も使用されていました。
中国では周の武王時代、国旗を白い旗と定めていたとする考古学的発見があり、
これが布製の旗の起源といえるかもしれません。

日本の旗の起源は邪馬台国卑弥呼の時代にさかのぼります。
「魏志倭人伝」には邪馬台国へ旗を送ったことが記されているそうです。

現代の日本で一番見かけるのは、相撲や歌舞伎に欠かせない、
また店頭でひるがえる「うどん」や「らーめん」等の、のぼり旗ですね。

これは日本独特の旗で、その発祥は戦国時代にあります。
戦国武将の合戦において、敵味方や武将の識別の為に使われました。

戦国時代の合戦を描いた絵には多くののぼりがはためいています。
戦国時代から江戸時代へと歴史が移り変わり、平和な日本ではのぼり旗の需要が少なくなっていました。

それが現在、ここ20~30年で復活をとげています。
広告・宣伝用の華やかなのぼりを街中で多く見かけますね。

戦国時代に生まれ、合戦の為に使用されていた旗が、現代の私たちの生活に馴染んでいるのは不思議なものです。


欲しいデザインを通販で探す

通販ののぼり旗印刷は、種類が豊富ですので好きなデザインや色、
さらには大きさや長さのものを選ぶことが出来ますし、
もし自分のお店だけのオリジナルを作成したいのであれば
オーダーメードでも作成することが出来ます。

お食事処お店の前にのぼり旗を立てることには様々なメリットがあります。
特に道路沿いにある場合、毎日その道を通る人もたくさんいるはずですので
のぼり旗があることでお店があるということをわかってもらえるだけでも
見る人が受ける印象は大きく違います。

また、定期的にその内容を変えることで更に気にしてもらうことも
できますし、活気がある印象も与えられます。

通販ですと、カタログやインターネットを見て選び、そして注文することが出来ますので大変便利です。

ぜひ、のぼり旗を作成してたくさんのお客さんに自分のお店の魅力と商品を知ってもらいましょう。

TO TOP