購入の際の注意点

のぼり旗を活かす                                                                                        
24時間営業の店舗や、深夜まで営業を行う店舗が宣伝のために、
のぼり旗の通販を利用する際にはカラーデザインの注意点を
意識しなければいけません。

店先の照明や街灯の明かりが当たる位置に旗を設置する事で
道行く人々に商品やサービスを宣伝するつもりならば、
なるべく明るい色をベースにした旗を作り上げましょう。

黒色や青色などの暗い色をベースにしていると、いくら照明が
当たっている場所であっても、夜中には旗に描かれている
文字やイラストが目立ちにくくなってしまいます。明るい色

また、設置する場所によっては通行人に怪我をさせてしまう可能性もあります。
そうなってしまっては、のぼり旗の効果が出ないどころの話しでは
なくなってしまいます。

目立たせるだけではなく、いかに配慮ができるかというのも
非常に重要なポイントとなりますので、気をつけておかないといけません。
そのためにも、明るい色にしておくことは大切です。目立ちやすい

戦国時代ののぼり旗文化について


のぼりの歴史は想像以上に深いです。
平安時代に誕生した物であり、当時の武士たちが威厳を保つために、大きなのぼりを立てた事が由来です。

室町時代に入ると武家同士の争いが活発化していき、平安時代に見られた
大型で優雅さを意識したのぼりは廃れていき、いわゆる実用性を重んじる仕様に変化していきました。

戦いに出向くとき、あるいは戦の真っ最中でも使われるようになりました。
戦場でのぼり旗をつける事で自分の名前を大将にPRする事ができ、
成り上がりを目指す若者は挙って目立つように工夫していたようです。

更に敵の大将に、自軍の多さや強さを示すツールとしても使われたようで、
今風に言えばユニフォームのような役割を果たしていました。

今現在でものぼり旗は現役です。
流石に現代では戦用の物はありませんが、役割は室町時代と基本的に同じです。

お店の名前や企業の商品をアピールする道具であり、設置するだけで
効果的に宣伝が出来るため、依然として人気があります。

色やデザインで個性を引き立てる

黄色やオレンジ色であれば、照明が当たっている場所でも
何が描かれているか分かりやすいので、
のぼり旗の通販のデザイン発注時に注意をしてください。

写真をプリントする際には、光を反射しやすい色合いや
光沢を付ける事を重視すると、夜中でも商品の魅力を
一目で伝えやすくなります。

夜中は旗を掲げるのに向いていない時間帯という
間違ったイメージを捨てて、新しい宣伝方法を始めてみましょう。

TO TOP