印刷する技術

のぼり旗を活かす                                                                                        
全国でチェーン展開しているような人気店は、のぼり旗を通販で大量に発注する
必要があるからこそ、シルクスクリーン印刷のような印刷技術を利用する事も多いです。

シルクスクリーン印刷というのは一色ずつ色を乗せていく手法で、
シルクのような厚みのある質感を作り出す事ができます。

シルクスクリーン

印刷する枚数が増えるほど製作コストを抑えやすくなるので、全国チェーン展開
しているような有名な店舗にもぴったりです。

まだ一軒目が開店したばかりという有名ではない店舗が、のぼり旗の
通販で印刷をお願いする際には、オンデマンド印刷もおすすめできます。単色

必要な部数だけ気軽にプリントできる印刷技術として、多くの方々から
オンデマンド印刷は人気を集めています。

業者によって色の表現に違いがある場合もありますが、
少ない部数からでも格安の費用で印刷を受け付けてくれる事が多いです。

シルクのような質感を出すためには、シルクスクリーン印刷の方が
向いていますが、フルカラーを重視する際にはオンデマンド印刷を
選ばれる場合もあります。

のぼり旗は基本的に安く済ませることを重視されるツールですので、
ほとんどの場合は枚数によって印刷方法が決まってくるでしょう。

デザインをどこまでこだわるかによって変る場合もあります。
色数が多くなるほど、また表現が細かくなるほど、印刷可能かどうかも
あらかじめ確認をしておくことで、よりイメージに近いのぼり旗に
仕上げることができるでしょう。

鯉のぼりの模様や色にはどんな意味がある?

5月5日端午の節句の前後には、日本全国で鯉のぼりを飾る風習があります。
すっかり見慣れたこの春の行事は、江戸時代の初期に武士の家庭で
子供のたくましい成長を願って鎧やかぶとを飾ったり、庭に武者のぼりを立てたことが始まりとなっています。

しかし、当時は武家以外はのぼりを立てることが禁じられていた地域も多かったので、庶民の間で普及したのが鯉のぼりです。

鯉は急な滝を登りきるほどのたくましさを持っているとされるため、男の子の健康な成長と
立身出世の願いを込めて、庶民の間でも端午の節句には庭先に鯉のぼりが立てられるようになりました。

江戸時代には黒い真鯉だけでしたが、鯉のぼりは時代と共に色や数量にも変化が見られるようになり、
現在では赤や青だけでなく、オレンジやピンクといった女の子を連想させるものも増えています。

5月5日の端午の節句は「こどもの日」として、男の子だけでなく
女の子も含めた子供の成長を家族みんなで願う日となったのです。

TO TOP