果樹園

のぼり旗を活かす                                                                                        
果樹園では、様々な物が栽培されており、季節毎に果物狩りが実施される事があります。
果物狩りが好きな人は多いですので、利用者に親切な仕組み作りが
できることで、またここに来たい、と思ってもらえるようになります。

果物狩りを実施する際には、どこで行なっているのかを消費者に知らせる為に
のぼり旗を活用するのが良いでしょう。目印として

のぼり旗は、飲食店や商業施設などでよく使われる旗を使った宣伝媒体ですが、
果樹園での宣伝でも十分に活用する事が出来ます。

戦いにつきものの幟旗の起源は?

子供がいる家庭は、運動会ともなると前夜から母親は
美味しい弁当作りに励み、父親は良い観戦場所を取りにと、忙しい思いをしながら
明日のわが子の活躍を期待し、眠れない夜を過ごした方が多いと思います。

そして運動会の当日ともなると、学校の運動場は親戚大勢で子供たちの応援に駆けつけそれは賑やかです。
そのなかで一際目立つのが、力の限り大声を出しながら大きな応援旗を前後左右に振り声援を送る応援団です。

そんな幟旗の起源は、弥生時代に魏の国から卑弥呼に贈答された旗と伝えられています。
その旗は、中国から朝鮮半島を経由して日本へ伝わってき、その用途は戦に使用される軍旗でした。

日本の戦国時代での軍旗の役割は、戦場で自分の属性などの情報を知らせる目印の旗でした。
己の身元確認用として使用されました。

現在では、そのような物騒な役割の旗から、各種の催しものの宣伝や
広告塔などの役割を担う、無くてはならない旗として活躍しています。


広い果樹園で入り口を示すのぼり旗


どこが入り口か、受付があるのかというのがわかりにくい場合も
ありますので、そういった時にのぼりで目印をつけてくれていると
印象も良くなります。

果樹園で使う場合には、果物に合った背景色の旗を用意した方がイメージがしやすいです。

直売大きく文字を書く事で、その果樹園でどのような物を栽培しているのかが一目で分かります。
果物狩りの場合、特定の果物を収穫出来るようになっていますので、
果物のイメージがしやすい旗の色を選ぶ事は宣伝を行う際に有効な手段です。

キャッチコピーは、果物が美味しそうに見えるようになるような文言を選択しておきますと
宣伝効果が高まり、集客もしやすくなるでしょう。

宣伝をする時には、どのような商品を取り扱っているのかを明確にしておく事が重要です。

 

TO TOP